性行為を安全に行うには、コンドームなどの避妊具を使用するのが重要です。ただカップルや夫婦などによっては、コンドームを使用していないことがあります。そうすると一人性感染症にかかっていた場合、相手にうつしてしまうことがあるので気をつけてください。性感染症は最初のうちはかかっていることに気づかないことが多いです。

自覚症状もそれほど出ませんし、わからないでしょう。ところが、病気によっては見た目でわかることもあります。その代表的な病気といえば、コンジローマです。コンジローマは陰部を中心にイボがたくさんできます。

しかもそのイボはどんどん広がっていくので、嫌でも自覚するはずです。カリフラワーのようになったり、鶏の頭のような形になることも少なくありません。赤く腫れているので、痒みを伴うこともあるでしょう。そのまま放置していると大きな病気に発展することもあるので、すぐに新宿で治療を受けてもらいたいです。

女性がコンジローマになった時は、病院に行くことに抵抗があるかもしれません。確かに恥ずかしい思いをしますが、新宿にはレディースクリニックもいくつか存在しています。新宿のレディースクリニックに行くことで、男性の患者さんとは接触しなくて済むので安心です。また、男性も手術が必要になる場合があります。

小さなクリニックでは手術は受けられないのですが、新宿なら大きなクリニックがあるのでそこで治療を受けましょう。早く治療をすることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です