新宿に住んでおり、定期的に性感染症の検査を受けているということは多いはずです。その様な場合は問題ないのですが、人によっては全く検査を受けていないことがあります。もちろんお互いに感染しておらず、他の人と性行為をしていない場合は性感染症にかかることはないでしょう。それ以外の場合は残念ながら感染のリスクがありますので、注意してもらいたいです。

検査を受けることも大切なのですが、自覚症状で気づくこともあります。特にコンジローマは見ればすぐにわかるため、陰部にイボを見つけたら素早く新宿のクリニックに足を運んでください。コンジローマは陰部だけではなく、肛門にもできます。肛門にできた時はいぼ痔と勘違いするかもしれませんが、どんどん広がっていくのでコンジローマだとわかってくるでしょう。

いずれにしても、放置していると大変なことになります。大病に繋がるケースも少なくないため、必ず新宿のクリニックで治療すべきです。女性は恥ずかしくて、診察を受けることに抵抗があるかもしれません。確かに男性がいるような病院では不安ですが、レディースクリニックを利用すれば問題ないです。

コンジローマは見た目でわかる病気ですので、パートナーの陰部をチェックするのもおすすめです。もしパートナーが感染していれば、自分にもうつっている可能性があります。一緒に治療を受けて完治させましょう。それほどひどくなっていない場合は、塗り薬で治療することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です