性感染症の中には自覚症状がほとんど感じられないものも存在しています。その様な病気にかかってしまった時は、なかなか気づくことができません。知らないうちにどんどん症状が進行していくので、恐ろしい問題です。特に不特定多数の相手と性行為をしているのであれば、性感染症のリスクは高くなります。

特定のパートナー以外の人と性行為をする時には、必ずコンドームを使用してください。ただ、病気によっては自覚症状がすぐに出てくることもあります。誰にでも肉眼で確認できる病気と言えば、コンジローマです。コンジローマは肛門や陰部に大量のイボができます。

しかもそのイボはどんどん拡大していって、カリフラワーのように広がります。人によっては鶏のとさかのように広がることもあるので、注意して観察してみてください。もし自分がコンジローマにかかっているとわかった時は、素早く新宿の病院に足を運ぶことをお勧めしたいです。性感染症にかかっていると分かっているのに、病院に行かない人もいます。

確かに、性感染症の治療を受けるのは恥ずかしいことかもしれません。ところがそのまま放置していると症状は悪化していきますし、大きな病気につながることもあるでしょう。不妊症なども発症することがあるので注意してもらいたいです。コンジローマがひどくなってしまったら、新宿でレーザーなどの治療を受けることになります。

そこまで酷くなかったら、新宿の病院で塗り薬を処方してもらうだけなので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です